/

この記事は会員限定です

金原ひとみ、桜庭一樹 作家が書き留めるコロナ禍

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行が変えた社会のありようを、解像度の高い文章で書き留めようとする作家の試みが相次ぐ。人々が募らせる不安や抑鬱の感情を生々しく浮き彫りにする。

「人と距離を取ることが義務になり、家から出ないことを強く求められ、人間という存在自体が変わっていくのではと思った」

5月に短編小説集「アンソーシャル ディスタンス」(新潮社)を出版した作家の金原ひとみは、新型コロナが人々に強いた変容をそ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1293文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン