/

この記事は会員限定です

狂伝 佐藤泰志 中澤雄大著

文学に「生」賭けた作家の魂

[有料会員限定]

バブルの最中、1990年に自殺した作家・佐藤泰志の火は一度消えた。芥川賞候補に5度上りながら落選し力尽き、死屍(しし)累々たる文学史上の墓碑銘の列に連なるはずだった。ところが2000年代後半、作品集の刊行を機に点火し、作品が次々と文庫化、映画化され復活を成し遂げた。低迷する出版界にあって「奇跡」と呼んでいい事件だ。いったい何があったのか。若き日に佐藤の作品に影響された元新聞記者がその答えを求めて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン