/

この記事は会員限定です

活力ある音楽 閉塞感破る 新国立劇場「チェネレントラ」

[有料会員限定]

ロッシーニの「チェネレントラ」は、童話のシンデレラが原作の傑作オペラである。

各歌手のアリアや重唱など生き生きと楽しい音楽だが、最終的にはチェネレントラ(灰かぶり娘)と呼ばれる主役アンジェリーナの歌が、公演全体の成否を握る作品だ。

さいわい、今の新国立劇場には脇園彩という、ベル・カント歌唱の高い技術と歌唱力にふくよかな美声をかねそなえた、優れたプリマ・ドンナがいる。彼女を中心に、高音が輝かしいル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン