/

この記事は会員限定です

佐藤賢一「王の綽名」 「合羽王」フランス王ユーグ

[有料会員限定]

王冠より僧服が似合う奴

王は血統か、実力か。西フランク王国では9世紀から、血統でカロリング家から王が出たり、実力でロベール家から王が出たりが繰り返された。が、それも10世紀にはルイ4世、ロテール、ルイ5世とカロリング家の王が続き、血統で決着したかにみえた。ロベール家のほうの当主がユーグだったが、これが率先してカロリング家の王を立てていたのだ。自分で王になり、厄介事ばかり背負わされるより、陰の実

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン