/

この記事は会員限定です

「鬼平」ゆかりの地全制覇 全135作の順番通り巡る

15年かけて京都や山形など約700カ所 「旅日記」は本に 松本英亜

[有料会員限定]

作家、池波正太郎の人気時代小説「鬼平犯科帳」シリーズは、多くの人に長く愛されている。私は「鬼平」好きが高じ、文春文庫で24巻、全135作に登場する場所を作品に出てくる順番に巡った。訪れたのは、東京都内だけでなく、京都や石川、山形、愛媛など700カ所余りに上るだろうか。都内で勤務医をする傍ら15年の歳月を要したが、作品世界をより深く味わえるようになった。

20年ほど前、友人に薦められて仕事帰りに書...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン