/

この記事は会員限定です

コーヒーの仕事、障害者に「働きがい」育む

[有料会員限定]

障害を持つ人が携わる仕事に「コーヒー」を採用する就労支援事業所や特例子会社が増えている。作業内容は1杯分のドリップバッグ生産やカフェの運営など。それぞれの取り組みからは分業、連携、交流という「やりがい」のキーワードが浮かびあがる。

静岡市の商業施設内にある、障害者の就労支援を手掛ける事業所「キャンバス」は午前10時を過ぎると豊かな香りに包まれる。20~50代の知的障害、身体障害、精神疾患を持つ利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン