/

この記事は会員限定です

豪雨・台風被害、保険の備えは マンションでも油断禁物

学んでお得

[有料会員限定]

水害に見舞われた地域がすでに出ているように、夏から初秋にかけて豪雨や台風による住まいの被害が懸念される。最近はマンションといえど内水氾濫による被害が起こり得るため、住まいの保険を見直しておく必要がある。

住まいの被害を総合的にカバーする保険は火災保険だ。火災だけでなく、落雷やガス漏れなどによる破裂・爆発の被害、風災・ひょう災・雪災といった自然災害、そして豪雨による浸水などの水災(水害)も補償対象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン