/

この記事は会員限定です

高品質コーヒーを未来に 流通DXで2050年問題に挑む

[有料会員限定]

30年後、おいしいコーヒーが手軽に飲めなくなるかもしれない。そんな「2050年問題」が関心を集めている。原因は地球温暖化による気候変動だ。オランダなどに拠点を置くTYPICA(ティピカ)は、日本発の流通DX(デジタルトランスフォーメーション)でこの危機に挑み、ネットワークを世界に広げている。高品質の希少な一杯を未来に残すために、共同創業者の後藤将代表は新手も繰り出す。

例えば赤く完熟した実だけを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2148文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン