/

この記事は会員限定です

闇の仕事師、喰うか喰われるか 野崎六助氏が選ぶ3冊

非弁護人 月村了衛著

[有料会員限定]

法律のグレーゾーンを生きる闇の仕事師。非弁護人。検事としての将来を同僚によって断たれ、反社会勢力に寄食する。

ホテル暮らしの彼が立ち寄ったパキスタン料理店。少年との出会いから物語が始まる。

弱者の救済システムが作動しなくなった日本社会。大量の生活困窮者が「視えない人間」となり、彼らを喰(く)い物にする畸型(きけい)のビジネスが暗躍する。悪辣な知恵をもって格差社会の底辺を「金」に替える。貧窮者のイノ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン