/

この記事は会員限定です

性的少数者の米国史ひもとき日本の言説問う

愛と差別と友情とLGBTQ+ 北丸雄二氏(あとがきのあと)

[有料会員限定]

執筆のきっかけは自民党議員による「LGBTには生産性がない」という趣旨の雑誌寄稿を受け、あるテレビコメンテーターが「今はもうそういう時代じゃない」と言ったことへの違和感だった。「いつそうなったの? 本当に?」

1993年に新聞社の特派員として米ニューヨークに派遣されるまで、ゲイだと公表している自身も性的少数者の歴史についてよくわかっていなかったという。「赴任当時はエイズ禍のただ中で、ニュースはもち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り650文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン