/

この記事は会員限定です

函館線・根室線… ローカル線は廃止に向かうのか

鉄道の達人 鉄道ジャーナリスト 梅原淳

[有料会員限定]

近年、JR旅客会社の地方交通線(ローカル線)は廃止か存続かの選択を迫られるケースが増えてきた。2022年2月14日現在、JR旅客会社が廃止を表明したり、廃止を前提に地元との協議に入ったりしている路線はJR3社(北海道、西日本、九州)合わせて6路線6区間で、路線距離は合計411.7キロメートルにも達する。

廃止が検討されている理由は各線まちまちである。それぞれ見ていこう。

函館線の一部区間が廃止決定

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン