/

この記事は会員限定です

今こそ知りたい芥川賞 受賞作が映す社会の動き

活字の海で

[有料会員限定]

19日、第166回芥川賞の選考会が開かれ、砂川文次氏の「ブラックボックス」(「群像」8月号)に授賞が決まった。受賞作に興味を持ったら、芥川賞の「解説本」にも目を向けてみよう。賞の長い歴史に基づく豊潤な世界が広がっている。

「芥川賞は文学の最前線と読者を結びつけてきた」。『教養としての芥川賞』(青弓社・21年11月)の共著者、重里徹也・聖徳大教授はこう話す。作家が多数で合議し、誰がどの作品をどう評...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン