/

鈴木亮平・吉岡里帆が不器用な大人のラブコメ

鈴木亮平(左)と吉岡里帆が共演する連続ドラマ「レンアイ漫画家」

大河ドラマ「西郷どん」(2018年)で西郷隆盛を演じた鈴木亮平が、連続ドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系、毎週木曜夜10時)で恋を知らない不器用な漫画家という役どころで主演し、新境地を開いている。テレビのラブコメディーに挑戦するのは初めてという。「ラブコメが好きで、キラキラしたシーンに憧れていた」といい、「(主演の)お話をもらってうれしかった。家族そろって楽しめるラブストーリーができたと思う」と話す。

ドラマで演じているのは、人付き合いが苦手で正体を隠しながら女性名で作品を発表している少女漫画家の刈部清一郎。弟の葬儀で偶然出会った、恋人もお金もない久遠あいこを雇い、恋愛漫画を描くため彼女に疑似恋愛させ、詳細を報告するよう要求する。あいこを演じる吉岡里帆も王道ラブコメの出演経験はほとんどなかったという。「分からないことだらけで、鈴木亮平さんと一緒に『胸キュン』って何だろうとお話ししたほど」と笑い、「(演じてみて)人に愛を伝えるにはどうしたらいいのか真剣に考えていなかったことに気づいた。ドラマは本質的な愛の話になっていく。表面的ではなく、心の奥底をえぐられるような『キュン』を目指した」という。

鈴木は自著で風景画を披露するなど、絵を描くことに親しんできただけに漫画を描くシーンは「吹き替えを使っていない」という。もっとも「風景画とは全然違う。(漫画に使う)Gペンで描くのはとんでもなく難しい」。撮影に際して漫画家たちに会い、ペン回しを特訓するなど役作りに生かした。「皆さん明るいが、どこか孤独を背負っているように感じた。その孤独感も表現したいと思った」と話している。

(関原のり子)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン