/

この記事は会員限定です

カンヌ映画祭、「ドライブ・マイ・カー」に脚本賞

濱口監督ら、最高賞ならず

[有料会員限定]

第74回カンヌ国際映画祭は17日夜、コンペティション部門でフランス人のジュリア・デュクルノー監督「Titane」を最高賞にあたるパルムドールに選んだ。女性監督の最高賞受賞は史上2人目。濱口竜介監督「ドライブ・マイ・カー」は脚本賞(濱口監督と大江崇允氏の共同脚本)を受賞した。

濱口監督は今年のベルリン国際映画祭で「偶然と想像」が最高賞に次ぐ審査員大賞(銀熊賞)を受けたばかり。昨年のベネチア国際映画祭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン