/

この記事は会員限定です

小泉武夫の食あれば楽あり 俺流「あんかけ焼そば」

[有料会員限定]

札幌にも仕事場を持っている我が輩は、隣町の小樽市に行く機会はとても多い。幾つもある小樽の生鮮市場に、安くて美味(おい)しい魚介類を買い出しに行くことがあるからである。その小樽に行って昼食時刻ともなると、名物の「あんかけ焼(やき)そば」を食べることもある。

昭和30年代より小樽市に広まり、その後市民や観光客に愛好されてきた。平成に入って市のPRのため、市民団体による普及活動で今はご当地グルメとして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン