/

この記事は会員限定です

訃報欄 歌人 小池光

[有料会員限定]

いつしか新聞の訃報欄には必ず目を通すようになった。これはじぶんがそういう年齢になった、ということを意味する。享年と死因を見る。じぶんより若い人だと丁寧に読む。

ほとんどは知らない人だが、ときどき知っている名前に出会って「おやっ」と思ったりする。

先日の新聞に、中嶋弘子さんの訃報が出ていて、おやっと思い、懐かしくなった。

むかしNHKの人気バラエティ番組に「夢であいましょう」というのがあり、そこで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン