/

この記事は会員限定です

「ハリー・ポッター」現実包み込むネオ・ファンタジー

大人のためのファンタジー(4) 白百合女子大学教授・井辻朱美

[有料会員限定]

いまや知らない人がいない「ハリー・ポッター」シリーズ(J・K・ローリング)。1997年に第1作が発表されて以来、空前のファンタジーブームを巻き起こした。

このシリーズ以降の作品は「ネオ・ファンタジー」とも呼びならわされる。一体どこがこれまでの「十分に精密な」ファンタジーと異なっていたのか。

この物語では、孤児のハリーという少年が、魔法学校からの入学許可証を得て、今まで知らなかったもうひとつの世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1711文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません