/

この記事は会員限定です

他者と生きる 磯野真穂著

平均化に抗する人間観とは

[有料会員限定]

死刑宣告をされ、銃殺される寸前で助かった経験のあるドストエフスキーは「たとえどんな生き方でも――ただ生きていられさえすればいい!」と書いた(『ドストエフスキー全集6 罪と罰』小沼文彦訳、筑摩書房)。

人間は生きたい。しかし、100歳以上生きる人もいれば10歳未満で亡くなる人もいる。だから「人生の長さは生きた年数で決まらない」という言葉にすがりたくなるが、ではどう決まるのか、正面から突き詰めて説明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン