/

この記事は会員限定です

少女を埋める 桜庭一樹著

モデル小説巡る事件の記録

[有料会員限定]

明治末、日本に私小説らしきものが誕生したころ、「楽屋落」小説だとそれが評されたことがある。楽屋落とは、本来は芝居や寄席の用語で、楽屋仲間や関係者のみにわかることを言うことを指す。それが小説の批評に転じ、関係者だけしか知り得ない、小説家の身の回りのことを書いた小説を指して用いられたのである。著者桜庭は、「少女を埋める」を「私小説」だとツイッターで述べた。書店に並んだ今回の短編集のオビにも「著者初の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン