/

この記事は会員限定です

「綿100%」「ポリエステル100%」「半々」…何が違う?

くらしの数字考

[有料会員限定]

Tシャツは素材によってシワのできにくさや、洗濯後の乾きやすさが異なる。表示ラベルを見ると綿100%、ポリエステル100%、混紡、レーヨンなど様々。メーカーはどんな基準で繊維を使い分けるのか興味が湧いた。

衣服に使われる繊維は、大きく天然繊維と化学繊維に分けられる。天然繊維には綿・麻などの植物繊維と、羊毛・絹などの動物繊維がある。化学繊維には石油などが原料の合成繊維と、木材などのセルロースを薬品で溶...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1982文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン