/

この記事は会員限定です

シャンティッチの言葉 詩人 山崎佳代子

[有料会員限定]

夜気にライラックが香る。2009年の春を思い出した。モスタルの町をエメラルド色のネレトバ川が流れていく。セルビアの詩人アレクサ・シャンティッチの生地だ。だが、町には破壊された建物が残り、1992年から95年まで続いた内戦の爪痕は深い。西モスタルはクロアチア人地区、東はムスリム人地区となり、セルビア人は難民として町を去り、3民族が共に暮らした歴史は断たれた。

朝の散歩からホテルに戻ると、カフェでペ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン