/

この記事は会員限定です

金庫と鍵 守る古今東西の知恵

古代エジプトから近代まで200点を紹介 杉山泰史

[有料会員限定]

金庫や鍵は大切なものを守るためにある。では何から、どうやって守るのか。人々の知恵や意識、そして歴史を実感できるのが「金庫と鍵の博物館」の醍醐味だ。

私は東京都墨田区の杉山金庫店の3代目。主に先代の父が集めた古今東西の錠前や金庫は200を下らない。墨田区の呼びかけで1986年に小さな博物館として公開を始め、現在は店も館長も自分が引き継いでいる。

古代エジプトの模造錠から江戸時代の千両箱、昭和初期の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン