/

この記事は会員限定です

舌トレ・腹式呼吸…マスク越しでも通る声、こうして習得

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍によるマスク着用で、話す相手に自分の言葉がうまく伝わらず、聞き返された経験を持つ人は多いはず。記者は何度も経験している。マスク越しでも「通る声」を出すには、どうすればいいのか。専門家にコツを聞こうと、ビジネスボイストレーナーの秋竹朋子さんを訪ねた。

口を1.5倍開く+腹式呼吸

マスクを着けて普通に話すと、声がくぐもり、聞こえにくくなりがち。「まずは口を大きく開けて発声することか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン