/

この記事は会員限定です

香港映画、苦境にあえぐ 空洞化進み表現の自由も危機

[有料会員限定]

日本でも広く親しまれた香港映画が苦境にあえいでいる。巨大市場の中国本土に活動拠点を移す監督らが続き、産業として空洞化。表現の自由も脅かされ、危機的状況に陥っている。

ブルース・リーやジャッキー・チェンをまね、チョウ・ユンファ主演の「男たちの挽歌」にしびれ、ウォン・カーウァイ監督の「恋する惑星」にときめき、型破りな「少林サッカー」に笑った――。香港映画は最もなじみ深いアジア映画だった。その面影はもう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン