/

この記事は会員限定です

大阪芸術大アートサイエンス学科 先端技術とアート融合

UPDATE知の現場

[有料会員限定]

大阪芸術大学アートサイエンス学科はロボットやプロジェクションマッピングといった先端技術・サイエンスと芸術を融合し、新しいアートの表現やものづくりを目指す。学生たちは先端テクノロジーの知識と技術を身につけ、アート作品の制作に活用する。

チームラボ代表の猪子寿之さんやロボット研究者の石黒浩さんら、第一線で活躍する専門家たちが客員教授として教壇に立つ。「表現力・発想力・論理的思考力」を学ぶ講義に加え、構...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン