/

藤井二冠が最年少三冠、19歳1カ月 叡王戦3勝2敗

(更新)

将棋の第6期叡王戦五番勝負の第5局は13日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、先手の挑戦者、藤井聡太二冠(19)が豊島将之叡王(31、竜王)を破り、対戦成績3勝2敗でタイトルを奪取した。19歳1カ月の藤井新叡王は王位・棋聖と合わせた三冠となり、羽生善治九段(50)が1993年に達成した22歳3カ月の最年少記録を28年ぶりに更新した。

対局を終えた直後、藤井三冠は「フルセットは自分にとって初めてで、その中で結果が出せてよかった。この後も対局が続くので、(記録のことは)意識せずに前を向いていけたら」と語った。豊島竜王は「強い棋士と指して課題がたくさん見えてきた。勉強になった(並行して戦った王位戦と合わせ)10局だった」と振り返った。

将棋界では過去に9人が三冠を達成しており、藤井三冠は10人目にして最年少、10代で初の達成となった。現在のタイトル保持数では渡辺明三冠(37、名人・棋王・王将)と並んで最多タイ。将棋界には8つのタイトル戦があり、タイトルを分け合う渡辺三冠、藤井三冠、豊島竜王、永瀬拓矢王座(29)が「4強」と呼ばれている。

藤井三冠は昨年の棋聖戦に挑戦して最年少でタイトルを獲得して以来、今回の叡王戦が5度目のタイトル戦登場となる。5度とも奪取や防衛に成功しており、タイトル戦での連勝が続いている。10月に始まる竜王戦でも挑戦権を獲得したばかりで、豊島竜王との七番勝負には最年少での四冠がかかることになる。

藤井三冠は愛知県瀬戸市出身で、2016年、史上最年少となる14歳2カ月でプロ入り。17年にはデビューから無敗で最多の29連勝を達成している。

「偉大な方ばかりで光栄」藤井三冠

「内容的には押されている対局が多い。(豊島将之竜王との対戦成績で)盛り返したという意識はない」。また一つ記録を塗り替えた後でも、19歳の謙虚な姿勢は変わらなかった。13日夜、記者会見に臨んだ藤井聡太三冠は、大山康晴十五世名人、中原誠名誉王座(十六世名人)、羽生善治九段ら、過去の三冠達成者が一時代を築いた棋士ばかりであることについて聞かれ、「偉大な棋士の方ばかりで光栄に思っています。今まで以上に取り組んでいく必要があるのかな」と答えた。

「記録は意識しない」と常々語る藤井三冠が意欲をのぞかせたのが、タイトル全八冠制覇に関する質問を受けたとき。「現時点で全く意識することはないが、(八冠は)一つの理想の形。そのためには実力が今以上に必要。実力を高めた上で(八冠に)近づくのが理想」。羽生九段が当時7つあるタイトル全てを制覇したのは25歳のこと。この記録の更新がなるか、多くのファンが注目を寄せている。

羽生九段「不思議とは思いません」

羽生善治九段の話「10代での三冠達成は大記録に間違いありませんが昨今の藤井さんの内容の充実ぶりを考えると不思議とは思いません。今後もどのような将棋を指して飛躍を遂げるのかとても楽しみです」

藤井三冠の師匠、杉本昌隆八段の話「閉塞感のある社会情勢の中、輝かしい記録を更新し続ける藤井三冠を師匠として誇りに思います。叡王はまだ歴史が浅く新しいタイトル。新叡王として新たな歴史を刻まれることを期待しています」

日本将棋連盟会長、佐藤康光九段の話「白熱した内容の中、見事な結果でした。大きな勝負が続いていますが、体調にご留意されますますのご活躍を祈念いたします」

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン