/

この記事は会員限定です

カンヌ受賞の日本映画「PLAN 75」 映画評8本

[有料会員限定]

PLAN 75

生きることの価値問う 村山匡一郎(映画評論家)

人生100年時代といわれて久しいが、はたして長寿が幸せなことかどうか。そんな超高齢化社会を迎えて75歳で自分の生死を選択可能な制度が施行された近未来社会を背景に、高齢女性や行政に携わる若者の姿を通して、生きることの価値を問いかける。

映画の冒頭、ピアノ曲が流れる建物内、ぼやけた画面が次第に焦点を結ぶと猟銃を持った男と転がった車椅子、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン