/

この記事は会員限定です

新交通システムは地震に弱いのか 脱線事故で運休に

鉄道の達人 鉄道ジャーナリスト 梅原淳

[有料会員限定]

10月7日夜、千葉県北西部を震源とするマグニチュード6.1の地震が発生した。震度5強を観測した東京都足立区では、新交通システム、東京都交通局日暮里・舎人(とねり)ライナーの舎人公園駅から見沼代(みぬまだい)親水公園駅方面に向け出発した列車が脱線。走行中の5両編成の列車のうち、先頭から3両目の車両までがコンクリートの軌道から外れ、衝撃で乗客3人が負傷した。事故を調べると、レールを車輪で走る一般的な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン