/

この記事は会員限定です

「偽アマゾン」メール横行 被害を防ぐ2つの対策

[有料会員限定]

アマゾンジャパンを名乗る不審なメールが相次いで確認されている。実在の業者を装って偽のサイトに誘導し、個人情報を入力させる「フィッシング」と呼ばれる犯罪の手法だ。差出人名やアドレスも偽装しており、一見しただけでは本物と見分けにくい。新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要を狙うかのように、通販業者やクレジットカード業者をかたったフィッシングメールが急増しているが、最近は全体の半数が「偽アマゾン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン