/

この記事は会員限定です

BLMとアジアンヘイトが映すもの 米社会の分断どうなる

成蹊大学教授 西山隆行(今を読み解く)

[有料会員限定]

米国でジョージ・フロイド氏が警察官による不適切な拘束の結果死亡してから1年以上経過した。ブラック・ライヴズ・マター(BLM)運動が全米に広がる中、アジア系に対するヘイトクライムも増加し、分断が深まっている。

サミュエル・ハンチントン著『分断されるアメリカ』(鈴木主税訳、集英社文庫、2017年)は、自由、平等、民主主義、個人主義、法の支配など、建国者たちが確立した米国的信条を、中南米系移民や多文化主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン