/

この記事は会員限定です

「在来豆」に世界の食文化が見える

60カ国以上で飛び込み調査、人々結ぶ作物の魅力発見 長谷川清美

[有料会員限定]

豆はいにしえから、世界各地の食卓に並んできた。種をまき、育て、食べる。種が知人や友人の手に渡り、受け継がれていく。それぞれの地域で脈々と栽培されてきた在来豆は、人と人のつながりを映す「関係性の作物」だ。10年ほど前から、60カ国以上の豆食文化を訪ね歩いてきた。

私は1926年に北海道遠軽町で創業した在来豆専門店「べにや長谷川商店」の長女に生まれたが、子どものころから豆に親しんでいたわけではない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン