/

この記事は会員限定です

頭痛とめまい、やっぱり悪天候が原因だったのか

元気の処方箋(横浜市立みなと赤十字病院めまい平衡神経科部長 新井基洋さん)

[有料会員限定]

天気が悪いと体がだるい、古傷が痛むなどの経験はないだろうか。症状が気象と密接に関連して変わる病気を気象病と呼び、ドイツでは1930年代に発表されている。

気象は古くから関節リウマチやぜんそく、神経痛、めまい等との関連がいわれている。雨の日のめまい外来では「今日は調子がすぐれません」と訴える患者が多く、中には「私は耳鳴りや耳閉感で天気予報ができます」と言い切る人もいる。

なぜ両者が関係するのかはっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り810文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン