/

この記事は会員限定です

室内でも多い転倒、40~50代から増加 注意したい点は

カラダづくり

[有料会員限定]
屋外だけでなく、室内でも多い転倒。高齢者はもちろんだが、40~50代から目立ち始めるという。命に関わる頭部外傷や骨折の危険がある。新型コロナウイルス禍で在宅時間が増えたこともあり、注意したい。

誰しもちょっとした段差や階段につまずいたり、ぬれた道で転んでしまったりした経験があるだろう。東京消防庁の2019年の救急搬送データをみると、日常生活での事故で最も多いのが転倒で全体の7割近くを占める。年齢別で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1303文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン