/

この記事は会員限定です

薔薇の花、悲恋の香 詩人 山崎佳代子

[有料会員限定]

5月のベオグラードは、緑に光る。大通りの裏の閑静な集合住宅に、ジージャとブークは住んでいた……。サラエボからベオグラードに移り住んだ私は、文学部の修士論文のテーマに、ボスニアの悲恋詩「オメルとメリマの死」を選んだ。ジージャことハティジャ・クルニェビッチは文学研究家、ボスニア口承文芸が専門だ。連絡をとり、家を訪ねる。ベルを押すと、元気な声が響き、金髪のポニーテールに青い瞳、少女のように小柄なジージ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン