/

この記事は会員限定です

沖縄音楽に柔軟な「受け入れ力」 基地が鍛えた表現深化

復帰50年 「万国津梁」沖縄の今(中)

[有料会員限定]

「コザのBCは世界が知ってる! We are KOZA BC BAND!」。4月29日夜、沖縄市(旧コザ市)の中央パークアベニューのライブハウス「CANNON CLUB」で、ディープ・パープルなどハードロックの名曲を歌った宮永英一(70)は声を張った。

通りはかつて「BC(ビジネスセンター)ストリート」と呼ばれる米軍人向けの歓楽街だった。大型店舗に押されるなどして、シャッターを閉ざした店も目立つ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2000文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン