/

この記事は会員限定です

フランシス・ベーコン 初公開資料でたどる衝撃絵画の謎

東京・渋谷区立松濤美術館「フランシス・ベーコン」展

[有料会員限定]

フランシス・ベーコン(1909~92年)は現代美術に大きな影響を与えたアイルランド生まれの英国人美術家だ。彼が隣人のバリー・ジュール氏に贈った素描や油彩画を日本で初公開する「フランシス・ベーコン」展が東京・渋谷区立松濤美術館で開かれている(緊急事態宣言を受けて31日まで休館中)。限られた情報しか公開してこなかった画家の創作過程に迫る貴重な機会になっている。

ジュール氏はロンドンのリース・ミューズ7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン