/

この記事は会員限定です

繁花(上・下) 金宇澄著

会話で響かせる上海の記憶

[有料会員限定]

本書は1960年代以降の上海の生活風景を、上海語によって緻密に再現した長編小説であり、中国では100万部を超える大ベストセラーとなった。これを日本語にするとき、ふつうの標準語にしてしまっては魅力が伝わらない。そこで訳者は、関西弁で会話を翻訳するという離れ業をやってのけた。苦労がしのばれる。

ただ、本書に騒がしく押しつけがましい今の関西弁のイメージはそぐわない。読者が頭のなかで再生するときは、むし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り693文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン