/

この記事は会員限定です

襲名の口上や祝幕、役者の個性や方向性表現

歌舞伎の襲名(3) 演劇ライター  坂東亜矢子

[有料会員限定]

一口に襲名披露といっても、家や役者によって様々な違いや工夫があり、時代に合わせて変化や多様化が進む部分もある。

覚悟や心境述べる

代表例が「口上」で、以前は先輩格の役者から襲名を披露してもらい、本人は口を開かなかった。第2次大戦後もその慣例が続いたが、次第に本人が覚悟や心境を力強く述べるようになり、客席の喝采を呼ぶ一幕として人気を高めている。

一家一門だけの口上もあるが、幹部俳優が揃(そろ)う場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン