/

将棋・藤井聡太四冠が王将奪取 最年少19歳で五冠に

(更新)

将棋の第71期王将戦七番勝負の第4局が11、12日の両日、東京都立川市で指され、後手の挑戦者、藤井聡太四冠(19)が渡辺明王将(37)を破り、4連勝でタイトルを奪取した。竜王・王位・叡王・棋聖に王将を加え、五冠を達成。19歳6カ月での五冠は、1993年に羽生善治九段(51)が五冠となった際の22歳10カ月を更新する最年少記録となる。

終局後、藤井五冠は「とても歴史あるタイトルを取ることができてうれしい。自分の実力を考えると、ここまで全く出来すぎ。五冠に見合う実力をつけていきたい」と話した。

五冠達成は故・大山康晴十五世名人、中原誠名誉王座(74)、羽生九段に続く4人目で、10代での達成は初めて。現在の将棋界には8つのタイトルがあり、藤井五冠はその過半を手にした。残る3つは、名人・棋王の渡辺二冠と永瀬拓矢王座(29)が保持する。

藤井五冠は愛知県瀬戸市の出身で、2016年に史上最年少となる14歳2カ月でプロ入り。17年にはデビューから無敗で最多の29連勝を達成し、20年には最年少で初タイトルを獲得している。

藤井聡太五冠「実力つけていく必要ある」

「過去に五冠になられた方は時代を築いた本当に偉大な棋士ばかりなので光栄に思います。自分の場合は、まだそういった立場に見合った実力が足りない。今後まだまだ実力をつけていく必要がある」。最年少での五冠を達成した藤井聡太新王将(19)は12日夜、東京都立川市での記者会見でこう語った。全8タイトルのうち過半を占める第一人者となっても、自身に満足せず上を見続けている。

4連勝のストレート勝ちとなった今回の王将戦は「中盤で苦しい対局が多かったので幸運だった。粘り強く指して、終盤の競り合いに持ち込むことができたのがいい結果につながったのかな」と振り返る。

タイトル戦は記録を伸ばす舞台というより、成長の機会と捉えているという。「タイトル戦の対局を経験させてもらう中で成長できた部分は多かったと思う。タイトルを取ること以上に、そういった舞台での対局を生かして成長につなげていくことが大事」

ファンが期待を寄せる八冠独占については「翌年度から防衛戦が始まることになりますし、具体的に目指すことではないのかな。実力を高めることで少しでも近づけたらいい」と冷静に語った。

「驚嘆すべき大記録」と羽生九段

羽生善治九段の話 19歳での五冠達成は驚嘆すべき大記録です。一方で昨今の内容の充実ぶりを考えると不思議ではないとも思います。今回の王将戦のシリーズは激戦の対局が続きましたが、その中で藤井さんの紙一重の強さが光りました。

中原誠名誉王座の話 藤井さんの五冠獲得で将棋界の大きなうねりを強く感じます。

日本将棋連盟会長・佐藤康光九段の話 紙一重の戦いが続く中での偉業は見事という他ありません。ますますのご活躍を祈念いたします。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

藤井聡太

将棋の藤井聡太五冠の対局結果・記録など最新ニュースと、特集・解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン