/

この記事は会員限定です

画面越しでもふるえ…あがり症 治療必要な社交不安症も

カラダづくり

[有料会員限定]
人前に立つと緊張してしまうあがり症。リモートワークで増えた画面越しの打ち合わせにも戸惑う人がいる。仕事や生活に支障があれば社交不安症と診断され、治療が必要かもしれない。専門家に対処法を聞いた。

大勢の人の前で話すときはいつも緊張して声がふるえ、冷や汗が出る。顔が真っ赤になる。職場の雑談に気軽に加われず、周囲からは内気な人だと思われている……。あがり症で悩む人は少なくない。

自意識で不安より強く、悪循環に

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1314文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン