/

この記事は会員限定です

音楽家の心意気 評論家・片山杜秀

[有料会員限定]

歌舞伎役者は屋号をもつ。尾上菊五郎なら音羽屋、坂東三津五郎なら大和屋というふうに。なぜだろうか。江戸時代、武家等以外は苗字(みょうじ)を使えなかったので、一種の代用品として屋号が用いられた。よくそう言われる。

だが別の説明もある。それなりの役者でも、舞台で食べられるとは限らない。幕府が芝居を禁ずることもあれば、興行が不入りのこともある。そこで役者は身内によく副業をやらせていたという。そちらの収入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン