/

この記事は会員限定です

大分県宇佐市・どじょう料理 鍋・唐揚げ…多彩な味

ご当地 食の旅

[有料会員限定]

古代から日本人に親しまれてきた食材としてのどじょう。味はやさしく栄養価は抜群だ。国内有数の養殖生産地、大分県宇佐市では生産者や飲食店、行政がどじょうの食文化を残そうと頑張っている。

「おいしい! 運転してなければ1杯やるところだ」

大分に50年余り住んでいて、初めてどじょうを食べるという年配の男性が塩焼きを口にして声を上げた。その次は唐揚げ。これも頭が付いている。食べ出すと止まらない。横で、どじ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1332文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン