/

この記事は会員限定です

天安門ファイル 城山英巳著

外務省資料・証言で迫る実態

[有料会員限定]

天安門事件とは一般的には1989年春に、胡耀邦元総書記の死を契機として起こった建国以来最大規模の学生・知識人らの自発的な民主化要求運動を、鄧小平ら当時の権力者が6月4日未明より人民解放軍を動員して制圧した事件を指す。既に30年余りの歳月を経て、『The Tiananmen Papers』(邦訳『天安門文書』文芸春秋)をはじめ数々の研究書、ルポルタージュ、資料集などが出版され、その全貌はかなり明ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り768文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン