/

この記事は会員限定です

YOASOBI、直木賞作家4人の新作短編を音楽に

[有料会員限定]

直木賞作家4人の新作を、音楽ユニットYOASOBIが楽曲にする企画が始まった。初めて小説を読む人に向け、親しみやすい音楽を入り口として読書の魅力に気づいてもらう狙いだ。

島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都が短編を書き下ろした小説集「はじめての」(水鈴社)が16日発売された。4人は「はじめて」を共通項にSFやミステリーなど彩り豊かな物語をつづった。「小説を音楽にする」活動で人気を集める2人組の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1504文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン