/

この記事は会員限定です

真実求め揺らぐ正しさ 映画「由宇子の天秤」

[有料会員限定]

ドキュメンタリーのディレクターが事件を取材して「真実」を報道したいと願う。だが、やがて自分が当事者側に身を置く出来事が起こる。そんな主人公の姿を通して、報道の社会的影響と当事者の思いの間に横たわる「真実」や「正しさ」とは何かを問いかけた意欲作である。

ドキュメンタリーを制作する由宇子(瀧内公美)は女子生徒の自殺事件を追って関係者に取材する日々を送っている。事件は先生との交際を疑われた女子生徒が自殺...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り610文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン