/

この記事は会員限定です

1970~80年代 マイノリティの存在回復

米国文学でひもとくBLM(3)荒このみ(東京外大名誉教授)

[有料会員限定]

1964年に公民権法、翌65年に投票権法が成立する。奴隷解放令から百年あまり、「元奴隷」はアメリカ市民としてようやく認知された。60年代後半のアメリカは政治の季節を迎えていた。ヴェトナム反戦運動とあいまって、マイノリティの発言がメディアを賑(にぎ)わした。66年には「黒は美しい」と唱えたブラック・パワーの運動が始まり、また全米女性組織(NOW)が設立される。69年、レッド・パワー(先住民インディア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン