/

この記事は会員限定です

「マージャン」となった理由 竹内薫氏が選ぶ一冊

遺伝子命名物語 坪子理美・石井健一著

[有料会員限定]

遺伝子の名前なんて何が面白いの? そう思って読み始めたのだが、出るわ、出るわ、日本語の名前、ユーモラスなもの、さらには文学作品や映画の登場人物の名前まで。

たとえば、マージャン(麻雀)という名前の遺伝子。命名理由は、その遺伝子が「細胞どうしの争い」、すなわち、勝負事に関わるから。研究に携わったのが日本人と中国人の科学者だったため、日本語と中国語の発音が同じという点も重要だったらしい。

もう一つ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン