/

この記事は会員限定です

カフェや風呂が読書空間に 一人で没入する時間演出

活字の海で

[有料会員限定]

コロナ禍の今、本を読む環境に着目した試みが目立ってきた。ただ本を読むのではなく、どうすれば没入できるか知恵を絞る。

「本の読める店」と記した看板を店頭に掲げるのはカフェ「fuzkue(フヅクエ)」だ。2014年に東京・初台に1号店を開いた同店はコロナ禍で多くの飲食店が苦境にあるなか、20年に2号店、今年はフランチャイズ店も出店した。20~40代の女性を中心に利用者が増えているという。この店では本に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り799文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン