/

この記事は会員限定です

生命の谺(こだま) 川端康成と「特攻」 多胡吉郎著

文豪の心の傷 謎の核心に光

[有料会員限定]

ノーベル文学賞を受賞して名声の絶頂を極めたはずの川端康成が突然ガス自殺を遂げてから今年でちょうど50年。意外な角度から川端文学に切り込む一冊だ。

切り口は戦争末期の特攻隊。川端は1945年4月24日から1カ月間、海軍報道班員として鹿児島県鹿屋の特攻出撃基地に滞在したことがあったのだった。基地からは沖縄方面に向けて若者たちの特攻機が頻繁に飛び立って行った。川端は彼らの最後の日々を見守りつづけ、彼ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン