/

この記事は会員限定です

男子200平・佐藤、日本新で五輪へ 競泳日本選手権

(更新) [有料会員限定]

東京五輪の代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第5日は7日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、男子200メートル平泳ぎは佐藤翔馬(東京SC)が世界歴代2位となる2分6秒40の日本新記録で制し、2分7秒58で2位入った武良竜也(BWS)とともに初の五輪出場を決めた。2016年リオデジャネイロ五輪代表の渡辺一平(トヨタ自動車)は3位で代表入りを逃した。

男子100メートル自由形は中村克(イト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り355文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン